しらいわやきわへえがま

 

 

 和兵衛窯は、秋田県に江戸時代から伝わる白岩焼の伝統を受け継ぐ唯一の窯元です。明治期に途絶えてしまった窯の火を再興して、四〇年になりました。

 白岩焼のいちばんの特徴である、 深い青味で知られる海鼠釉。この気難しい釉薬をもっと美しい色へ、もっと美しいかたちへ。四季折々の風情が感じられる反面、長い長い冬のために、ものづくりに向くとはいえないこの土地で、研鑽を重ねてきました。

 しなやかに、力強く、これからも和兵衛窯は伝統と革新のただなかに在りたいと思います。

 

 

●2018年 展示のご案内●

 

●9月1日~10月28日 秋田・角館「樺細工伝承館」にて「古白岩焼と和兵衛窯展」

●10月4~6日 岩手・盛岡「entwine」出展

●11月2~5日 益子秋の陶器祭り

●11月1~15日 東京・神楽坂「コハルアン」さん「小さなもの市」

●11月23日~12月2日 東京・吉祥寺「MARKUS」さん個展

●12月21日~1月15日 岩手・盛岡「shop+spaceひめくり」さん企画展


●詳しくは展示会情報よりご覧ください

季節のご挨拶

 朝に晩に肌寒さが増してきて、秋の深まりを感じます、角館。家庭菜園の野菜もひとつひとつ収穫を終えて、早くも来る冬に思いをはせます。

 

 この秋はさまざまな場所で展示の機会をいただきました。各地でたくさんの方々に作品を見ていただけるように、頑張りたいと思います。(更新日2018年9月24日)

 

 ●Facebook