プロフィール

渡邊敏明

1950年  山形県上山市に生まれる
1975年  岩手大学教育学部専攻科卒業後、杉村良介氏(岩手県花巻市台焼)に師事
1978年  白岩焼の復興に携る。以後、白岩焼和兵衛窯窯元として制作活動
1979年  「東北のやきもの展」出品(於・秋田県立博物館)
1982年  岩手大学特設美術科非常勤講師(~'93年)
1984年  秋田大学美術科非常勤講師(~'93年)
1989年  山形大学美術科非常勤講師(~'91年)
1992年  和兵衛窯に四室の登窯を築窯
1995年  個展(於・東京 ギャラリー・オキュルス 以後、2005年まで五度開催)      1999年  個展(於・札幌 タカオカ・ビル)
2001年  個展(於・仙台 グリーンプラザ)
2010年  二人展(於・岩手 盛久ギャラリー)

2010年  表千家同門会秋田大会にて抹茶碗、水指が使われる

2011年  「秋田の心とかたち展」(於・山形市 山形デザインハウス)

2014年  「白岩焼和兵衛窯 渡邊敏明 渡邊葵 作陶展」(於・仙北市立樺細工伝承館)
2016年  「白岩焼和兵衛窯 渡邊敏明 渡邊葵 作陶展」(於・仙北市立樺細工伝承館)

渡邊すなお

1952年  秋田県角館町白岩に生まれる

1971年  岩手大学教育学部特設美術科入学 在学中から白岩焼復興に携わる

1975年  岩手大学教育学部特設美術科卒業後、白岩焼和兵衛窯窯元として制作活動

渡邊葵

1980年  

秋田県角館町白岩に生まれる

 

2005年  

岩手大学大学院教育学研究科(美術工芸)修了後、父・敏明に師事

 

2009年  

京都府立陶工高等技術専門校研究科修了

京都府立陶工高等技術専門校講師

第43回女流陶芸展 入選(京都市立美術館)

 

2011年  

和兵衛窯にて制作活動

 

2013年  

●「akita craft impression カワノホトリ2013」(大仙市 茶房バティック)

 

2014年 
●「In the snow 渡邊葵陶展」(秋田市 ココラボラトリー・ギャラリー)

●「みちのくの作家5人展」(滋賀県甲賀市 ギャラリー陶夢)

●「白岩焼和兵衛窯 渡邊敏明 渡邊葵 作陶展」(仙北市立樺細工伝承館)
●「四季の味 秋の食器展」(東京 日本橋高島屋)

● 「秋田の美術2014」(秋田県立美術館)

●第48回女流陶芸展 入選(京都市立美術館)
●「渡邊葵 松田明徳 平田麻里子 三人展」(秋田市 ココラボラトリー・ギャラリー)

 

2015年 

●「漆・桶・陶 ー片口を中心にー 秋田の手仕事展」(東京・西麻布 ギャラリーMITATE)

●「四季の味」春の食器展(東京 日本橋高島屋)

●「grace 渡邊葵 陶展」(秋田市 ギャラリーmag)
●「あきたの美術2015」(秋田県立美術館)

●「片口展 さまざまな片口と酒器たち」(秋田・湯沢市 Interior&BookCafe momotose)

 

2016年 

●渡邊葵個展「no beer no life」(岩手・盛岡市 shop+spaceひめくり)

●はじまりのうつわー渡邊葵作陶展ー(秋田市 日々の器と雑貨の店「眞理」)

●古白岩焼と和兵衛窯展(秋田・仙北市 仙北市立樺細工伝承館企画展示)

●第45回長三賞常滑陶業展 入選(愛知・常滑市)

●白岩焼和兵衛窯 渡邊敏明・渡邊葵作陶展(秋田・仙北市 仙北市角館樺細工伝承館)

●「ブロウチな冬」展 (秋田・大仙市 はきもの加藤)

●女流陶芸 第50回記念公募展(京都市立美術館)  

●平成28年度日本民藝館展(東京・駒場)

●サントリー美術館ミュージアムショップ特集展示(東京・赤坂)

 

2017年

●Stay Gold Stay Blue 渡邊葵作陶展(秋田・潟上市 m's collctables)

●カレー皿展 × Tシャツ展(岩手・盛岡市 shop+spaceひめくり)

●天の戸百年祭記念品制作(秋田・横手市「株式会社 浅舞酒造」)

●秋によりそう-白岩焼和兵衛窯 渡邊葵作陶展-(秋田市 日々の器と雑貨の店「眞理」)

季節のご挨拶

 雪の少ない今冬。。。と思っていましたら、帳尻合わせのような大雪の角館。しかし県内各地、もっと大変なところもあるようです。

 今年の展示初めは大仙市大曲の「ミンカ」さんでの二人展、そして盛岡市「ひめくり」さんでの個展となります。雪寄せに終われつつ作りつづけた新作を、どうぞご覧にいらしてください。(展示会情報更新しました、コチラから)(更新日2018年2月17日)

 

 ●Facebook